FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます、TAKKです。
今回は雑記というよりも宣伝色が強めです。新年早々ごめんなさい。

まずはじめに、本日から16日までのあいだDMM様で開催中の半額キャンペーンに我々TAKKも『Hypnotic Dystopia TypeA ~ヤンデレA.I.と爬虫類エイリアンズの快楽調教責め催眠~』で参加中です。可能なら事前に告知しておきたかったのですが、サプライズとして伏せておいて下さいとのことでしたので、開催後のお知らせとなりました。TAKKの作品以外にも300件ほどキャンペーン作品があるようですので、興味のある方はトップにあるHDTypeAの記事かこちらからDMM販売ページへどうぞ。


続きまして、新作の進行状況等の告知です。
『Hypnotic TSF(以下、HTSF)』の最新情報をお伝えするとお知らせしておりましたが、製作状況の事情で、今回は別作品のご紹介となります。と言いますのも、複雑な構造になるHTSFの編集作業のロードマップを計算したところ、以前に少しだけお伝えした別作品のほうが早くに完成することになるかもしれないと分かったからです。まだ確実にそうと決まったわけではありませんが、今回はそちらの一作の概略を告知させて頂きたいと思います。
タイトルは『Hypnotic Orient(仮)』で、エジプト神話を題材にした一作です。TSモノではなく、快感による絶頂を通じてのドライによる恍惚感を目的としています。具体的には、古代エジプト人の死生観に同調して頂いた後に、ミイラ化、審判、昇天、復活という順序で進む作品になる予定です。審判とは、死者の書(Coffin Texts)に登場する“心臓の計量”の場面をモデルとしたもので、楽園(絶頂)へと至るために魂が清らかであるかどうかをラーの天秤とマアトの羽根でチェックされるというもの。……詳細はお楽しみとしておきますが、その中でのプレイ内容は、永遠の処女であるイシス様に騎乗位で連続絶頂させられて欲望を徹底的に吸い出され、浄化される……と、大まかに記述するとだいたいそんな感じになる予定でございます。
こうした魂の計量はプシュコスタシア(psychostasia)と呼ばれ、神話などではよく見られる題材なのだそうですが、エジプト神話におけるそれは他のものに比べても暗喩が実に見事で、ウットリしてしまうほどです。これ以外でも古代エジプトにおける死生観はとても興味深いものですので、興味のある方は調べてみてください。

さて、そういうわけでTAKKからの告知と雑記でした。
どちらが先に完成するかはまだ分かりませんが、何れにしても販売時期は3月あたりになりそうです。
もうしばらくお待ちくだされば幸いでございます。


今回はここまで。
それでは、また次回!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。