FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品アイデアその2。

TAKKです。
以前に、作品やガジェット類のアイデアを“雑記”として書きましたが、ちょっとした思いつきなども書き留めておけるように“アイデア集”に分類しようと思います。前回に5つのアイデアを書きましたので、ナンバーは6からとなります。

6:催眠を用いたチャネリング式のスピリチュアル・セックス
チャネリングというと、神や死者、未来人や宇宙人などと(通常の通信手段ではない何らかの神秘的な力で)交信するものですが、そうした神的な存在との繋がりではなく、人間同士で交信してみようというアイデア。言うなれば、スピリチュアルな方式で行うテレホンセックスのようなもの。もう少し具体的に説明すると……まず作品の内容はあまり突飛ではないもの、ただし導入後のプレイパートを『責め』と『受け』で大別し、さらに行為によって細かく区切ったものになります。使用者は区切られたそのファイル類から、まず受けか責めかを選択し、それから個々のファイルを組み合わせてプレイ内容を自由に構成します。その上で、SNSやWIKIのようなものを介して、『受け、○月○日の○○時から、ナンバー01、02、06、08の組み合わせで視聴します』等の告知を行い、これを見た『責め』側の誰かが相手役に名乗りをあげればカップリング成立。名乗りをあげた側は、相手が提示しているナンバーの通りに(ただし、こちらは『責め』フォルダから)選択し、指定している時間に再生するのです。こうして同時刻に変性意識状態を形成し、繋がりを感じ合おうという作品。相手のイメージ像などの助けとして、SNSと同様に、プロフィールを作成して登録しておく形にできればベストでしょう。ただし、テンプレートを用いるなどして、告知と相手役の立候補以外のコミュニケーションは取らない(取れない、取る必要のない)形が望ましいでしょう。また、導入と深化の時点でアバターのように自分の姿を好きに作ることができる内容にしておけば、プロフィール登録があっても匿名性が維持されるほか、男女の別なく使用できるという利点も生まれるかもしれませんね。ただこれは、『実際に精神波のようなもので交信するのだ!』というようなものではなく、あくまでも個人個人の中に相手のイメージ像を取り込んで、そのイメージ像と想像上で戯れるという、擬似オンラインを想定したものになるかと思われます。

7:“フェアリー”をメインにした作品
現在製作中のTS作品『Hypnotic TSF』内に“妖精”が登場するため、いろいろ調べ物をしているうちに思いついたアイデア。妖精というと、羽の生えた小さな少女のようなイメージを持つと思いますが、フェアリーという言葉には、この“妖精”のほかに、ノーム、あるいは人の形ではないものを指す“精霊”という意味に加えて、(エーテルのような)科学的ではないエネルギー全般のことを指す意味など、いろいろあるのだそうです。そのフェアリーの訳語のひとつとして面白いなと思ったのが、“半知性体”や“半知性的エネルギー霊”という言葉。半知性体などと言われると、わたしなんぞはファンタジーではなくSFっぽさ――いわゆるセンスオブワンダーを感じ取ってしまうわけですが、そうした魅力的な要素をメインテーマにした作品をひとつ作りたいなと思った次第でございます。フェアリー化して、神聖な森のなかの湖に浮かぶ蓮の葉に寝転んだり、とても小さな玩具のバスタブに、湯ではなく陽光をためて日光浴したり、あるいは妖精となって仲間とネコじゃらしでくすぐりあったり……ああ、心が浄化される。と、思わず感じてしまうようなもの。問題は、アダルト音声とするか否かという点。TAKK作品はエロパートが少しばかり下衆いという風に自認しているのですが、そこを上手く変質させられるかがポイントでしょう。白と黒は並ぶと互いを引き立て合うというわけで、我々の影を色濃くするためにも、純粋無垢で光輝いているような作品を一本は作りたいなという目論見。また、これはファンタジー作品というよりも、イギリスの伝承を題材にしたような、神秘主義的な作品にできればいいなとも考えております。

8:ミイラをテーマにした作品
TSモノのアイデアとして生まれたもののひとつ。催眠の導入として、香油を塗られたり包帯を巻かれたりする儀式の過程は組み込み易いのではということと、生まれ変わる、転生するという宗教観念が、TSに向いているのではないかという発想から。オリエンタルな雰囲気をもったものは扱いが難しいように思いますが、いつか生かせればなというところ。以前に少し書いたネイティブアメリカンを題材にした作品と共に、オリエンタルシリーズとするのもいいかも知れませんね。(ネイティブアメリカンはオリエントじゃないだろという指摘がメンバーから出なければ……)

今回は以上です。
それでは、また次回!
スポンサーサイト
[PR]

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。