FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御礼、次回作の製作状況、その他。

TAKKです。
最新作『Hypnotic Dystopia TypeA ~ヤンデレA.I.と爬虫類エイリアンズの快楽調教責め催眠~』が、おかげさまで売り上げ100本を達成いたしました。サークル一同、心より、厚く御礼申し上げます。

さて、以前に雑記内で少し申し上げておりましたが、次回作はファンタジー要素を含んだTSモノとなる予定でございます。タイトルはまだ未定なのですが、サークル発足当初から平行して進められていた企画のひとつであるため、作品の台本化に関しては、ほとんど完了している状態にあります。
ディストピア・シリーズが陵辱的な暗い要素を内包した作品であることから、この次回作は、陵辱されるマゾ向けのプレイルートに加えて、愛情に溢れた温かみのあるプレイルートを擁した作品に仕上がる予定です。ただし、単に二種類のパターンを用意したというものではなく、接続ファイルを用いることで、その2パターンのどちらか一方だけを堪能したり、両方を通して堪能したり(その場合、陵辱と愛情のどちらを先に受けるか)などの構成を調節できるほか、初回とそれ以後の視聴に合わせた二種類の導入部を備えるなど、視聴回数に関係なく新鮮に楽しめるような内容を目指して製作しております。また、一定回数以上の視聴後に聞くことを前提とした“ご褒美”要素なども盛り込まれる予定です。一番はじめに決定した企画の内容として、TSモノというほかに、この『何度も楽しめるような、長期使用を視野にいれた作品』というコンセプトがありましたので、その点にもご注目いただければ幸いでございます。

公表できる内容としては、今のところ以上になります。

ちなみに、企画当初は、ネイティブアメリカンの伝承に登場する魔女(Navajo witch)を題材にしたネクロマンサー&スキンウォーカー的な変身譚を含む予定でした。と言いますか、その内容で八割ほど書き起こした段階で「長期使用をコンセプトに入れるのであれば、テーマは“ファンタジー世界におけるTSF”に純化したほうが良い作品になるだろう」という結論に至り、一から丸々作り直したという経緯があるのです。……これは要するに、今現在、我々の手元にはTSモノの催眠音声の台本が二作品分あるということですので――まだ調整段階ではありますが――可能であれば、この呪術的な要素を題材にした作品のほうは、TAKKのTSモノの宣伝として無料で公開するような形にできればなと考えております。本丸である次回作がまだほとんど形になっていない段階ですので、どうなるかハッキリと申し上げることはできませんが、期待せずにお待ちいただければ幸いです。

以上、TAKKからのお知らせでした。
それでは、また次回!
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。